がんを作る原因、乳製品も?

末期がん、進行がんを克服した人の多くは、動物性食品を断つ食事を経験しています。

肉を食べて血や筋肉をしっかりとつくりましょう!といわれ、一生懸命 肉を食べてきた人もいますね。

このように、肉や卵、乳製品などの動物食をしっかり食べるように教えてきたドイツのフォイト氏

『最も理想的な栄養源は、高たんぱく、高脂肪、低炭水化物である』

このフォイト氏の栄養学は、今でも現代医学のなかでうたわれています。

それを覆したのが、アメリカのマクガバン・リポート

『アメリカ人を悩ませるガン、心臓病、糖尿病などの病気の大半は、食事の間違いから起こっていた』 今村光一さん翻訳より

本来、穀物を食べるように出来ている人間の体は、肉食動物に比べ、腸の長さが4倍も長くなっています。

長い腸を通過していくうちに、肉は腐敗してしまいインドールやスカトールなどの有害物質を発生してしまうのです。

その結果、有害物質で血液が汚れ、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなれば毒素が溜まり、悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなります。

腸内環境が乱れると、抗酸化力が弱まり、活性酸素の除去が出来なるのです。

必要以上に増えた活性酸素は、正常細胞の遺伝子に傷をつけ、がん細胞をつくってしまう・・・

お肉ばかり 食べ過ぎていませんか・・・?

また、動物性の食品は、早く肥育させるために成長ホルモン(エストロゲン)が乱用されている可能性があります。

成長ホルモンは、非常に強い発ガン性物質といわれています。

特に米国産牛肉の脂身は、残留度が高いといわれています。

発ガン率が5倍になると言われている成長ホルモン(船瀬俊介氏より)

日本人の乳がん、卵巣がん、子宮がん、前立腺がんなどホルモン系のがんが、凄まじい勢いで増えた背景には、このような食の影響があることは否定できないようですね・・・

思い当たる節がありませんか・・・?

特に女性は、ヨーグルトやチーズ、バター、生クリームといった乳製品を好む人は多いですね。

がんになったら、がんになった原因を取り除く

自分で意識していくことが、がんを治す近道です。

【がんの原因に働きかける】

三大療法(抗がん剤、放射線、手術)だけに頼らない

こんな方に選ばれています

●がんが治る生き方をしたい人

●再発転移を繰り返した人

●余命宣告された人

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。