生き残りの選択と癌細胞の関係

私たち恒温動物の人間は、、一定の酸素と温度が必要です。

この条件が満たせない時、体は生き延びるために、今度は悪い条件でも生きられる細胞をあらたにつくりだします。

このあらたな細胞がガンです。

つまり、ガンは私たちが生き延びるために・・・

つまり不自然な生き方から過酷な環境をつくった末に、生き残る選択としてガンが発生するのです。

逆に、私たち恒温動物にふさわしい環境をつくってあげれば、ガンは消えていくのです。

生命活動の基本となる細胞のエネルギー産生は、解糖系とミトコンドリア系の2つのシステムで動いています。

解糖系は、ブドウ糖を原料に、食べ物からエネルギーをつくり、酸素を必要としません。

一方、ミトコンドリア系は、呼吸で酸素を取り込んで細胞のエネルギーを作り出しています。

ガン細胞といえば、酸素を使わない解糖系でエネルギー供給しています。

ガンの人は解糖系に偏っているということになります。

ですから、ガンがあるところには、ミトコンドリア系はほとんど存在しないといわれます。

ちなみにミトコンドリア系が一番多く存在する臓器は、心臓です。

心臓はガンになららいと言われますが、これは酸素と温度のおかげですね。

酸素が欠乏する原因は、さまざまですが、ナトリウムとカリウムのバランスが崩れることからも起きます。

ミネラルバランスをコントロールしている、ナトリウム・カ リウムの働きの機能が衰え酸素不足に陥りやすくなります。

野菜・果物の摂取不足によって現代人はミネラルバランスを崩し、代謝異常となりガン発症につながっていると考えられます。

野菜を摂っているつもりでも、農薬を使う今の野菜は栄養価が半分以下になっています。

ミネラルバランスを考え、無農薬野菜をおススメします。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す