がんを治すのは自分自身の舵取りが必要

ガンをなおす自助努力は決して楽ではないと思います。

心の持ち方の重要性もひしひしと感じてきます。

もっといえば、魂から見つめていくようになります。

いわば、ガンなおしは大海原への航海です。

突然、小さな船にひとり乗せられ、大きな海に投げ出された

何も見えない広い海

どっちに向いて進めば安全なのか… かわからず、立ち止まったり、手探りで進んでみたり。

荒波が揺らす不安定さ

次々と大波がやってきて、飲み込まれないよう、やり過ごす忍耐力。

幾度となく現れる岩礁を避けながら、今日一日の航海を無事に終わらせ、また明日へと続く。

そこで問われるのは精神力です。

航海をうまくこなしていくのは、本当に大変なこと。

強い精神力と粘り強さが続いた人は、大海原の先に光が見えてくるのです。

毎日の海の状態は、心と体の状態です。

海が荒れ気味の時は、忍耐力と観察力が必要

岩礁が表れた時には、舵取りが重要

波の無い穏やかな時は、無事であることに改めて感謝をしなくてはいけない時ですね。

大海原の航海は、海との戦いではなく、自分自身との戦いです。

ガンも同じです。

ガンに目を向けるだけでは、おぼれてしまいます。

ガンなおしは、舵取りである自分自身の心と体の声を聞くことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す