血液を汚しているものは何か

ガンをなおすつもりが、ガンを増やすことをしているかもしれません。

実は、よくあることなのです。

ガンを自分でなおすと決め、抗ガン剤もやめられた方

食事や運動、温熱など一生懸命されています。

しかし、抗ガン剤以外のお薬も一生懸命、飲まれています。

その代表的なものが、血圧の薬、血栓の薬ですね。

本当に必要でつかう薬と、そうでないものを冷静に考える必要はありますね。

そもそもなぜ、ガンになったのでしょう。

お薬の飲み過ぎということはないですか?

薬によって血流を悪くさせているということはないですか?

血液がドロドロになる生活をしていないですか?

薬によって体温を下げていないですか?

薬は、そもそも石油製品です。

飲めば飲むだけ、活性酸素を増やします。

毎日飲み続けていると当然、活性酸素が過剰になり、体を酸化させガン細胞が増えてきます。

そもそもなぜ、ガンになったのか・・・

血液が汚れているのから、ガンになったわけです。

それなのに、血液を汚す薬を飲む・・・

当然、血液が汚れたままでは、ガンはなおらないですね。

ちなみに・・・

大櫛先生は、血圧が200になっても血圧が破裂することはないと断言されています。

それどころか、180を超える高血圧治療は、死亡率が5倍という衝撃データーが出ていて、大櫛先生は声をからしてそれを訴えています。

治療することで5倍死ぬ。 治療しない方がいい。

高血圧で死ぬより、治療での死亡リスクの方がよほど高い。(病気はこうしてつくられるより)

歳をとれば、血圧だって高くなるのは当たり前です。

年齢プラス90だった時代があります。

それが、高血圧の基準が180と設定され、やがて147になりました。

このようにいつしか、年齢関係なく一律に基準値が設けられ、投薬の対象が増大したのです。

不思議ですね・・・

その分、痴呆やガンも増えています。

薬を飲むということは、必ずリスクがあることを覚悟しておかないといけませんね。

血液を汚しているものはなにか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す