ミトコンドリア優位で細胞分裂を抑制へ

私たちの体は、エネルギーを作るための2つのシステムを使い分けています。

この2つのシステムは、年齢、生き方によってどちらを使うかが、決まってきます。

さて、自分はどちらのシステムを主に使っているのでしょうか・・・

酸素を必要とせず低体温でも糖質から素早くエネルギーを作り出す、解糖系

しっかり食べて活力を確保し、成長する子ども時代は、解糖系が優位になっています。

解糖系は、瞬発力と細胞の分裂が活発なのが特徴です。

酸素と体温を必要とし、深部体温37.5℃で効率よくエネルギーを作り出す、ミトコンドリア系

分裂抑制遺伝子を働かせ、成長をとめます。持久力に適しています。

ミトコンドリア系は、細胞分裂を抑制するのが特徴です。

お母さんのお腹の中にいる胎児は解糖系を優位に働かせ、細胞分裂と増殖を繰り返し成長します。

そして、生まれて酸素を取り入れるようになると、ミトコンドリアが増えてきます。

成人に近づくにつれ、ミトコンドリアが増えて、分裂抑制が働き、成長がストップします。

この2つがバランスを取りながら私達は生きています。

そして、年齢と共に瞬発力派の解糖系優位から、持久力派のミトコンドリア系に移行していきます。

歳をとっても、若い時と変わらない様にたくさん食べていると、解糖系のシステムが優位のままになります。

解糖系は、細胞分裂をします。

ガンを気にする年齢になると、細胞分裂を抑制するミトコンドリア系のシステムを優位にすることが重要になってきます。

また、ミトコンドリアの機能が低下するとエネルギーが作られなくなり病気が治りにくくなります。

ガン細胞の中では、ミトコンドリアの機能が低下しています。

ミトコンドリア系のシステムを優位にするには、食べ過ぎないこと

そして、優位にしたミトコンドリア系を働かせるには、37℃以上の深部体温と酸素が必要です。

あなたは、どちらのシステムをお使いでしょうか・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す