アメリカと日本がん死亡率・治療の違い

アメリカと日本のガン治療の違い

アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称であり、鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品などがあります。

アメリカでは、栄養補助食品の必要性も積極的に説いています。

そして、6割の医科大学が代替療法をカリキュラムに取り入れているそうです。

アメリカは、このような代替療法をつかい、免疫を高めることでガンの死亡率が減っています。

医療は進歩しているのに日本は、ガン患者がどんどん増えています。

日本では、ガンになっても免疫を高めることを積極的に教えてくれる医者はほとんどいません。

それは、日本の医科大学では代替療法を学ぶ場がほとんどないことが原因のひとつかもしれません。

医療は進歩していると言いながらも日本のガン患者はどんどん増えています。

西洋医学は、診療科がそれぞれに分かれていて、専門の臓器をみていきます。

急性期には、西洋医学こその対症療法が素晴らしい力をみせます。

しかし、慢性的な病気は、対症療法である西洋医学だけに頼っていては再発を繰り返してしまう可能性もあります。

からだ全体をみて、悪くなった原因そのものを改善しない限り、また同じところ、もしくは別の場所がガンになりますね。

過去のさかのぼり全体をみる

そして、総合的に取り組むことが大切だと思います。

西洋医学で限界にきた患者さんでも、代替療法によって元気になられている方はたくさんいます。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す