偏らない生き方で自然治癒力を上げる

ガンは長い期間をかけつくられた病気です。

毎日の積み重ねから起きています。

薬の飲み過ぎ

働き過ぎ

悩み過ぎ

食べ過ぎ

偏り過ぎた生き方が原因です。

これらは、自律神経のバランスを崩してしまいます。

長時間の交換神経緊張状態は、ナチュラルキラー細胞の活動を抑制してしまい、ガン細胞がどんどん増える環境をつくっていきます。

通常、自らの自然治癒力でこれらのガン細胞も正常細胞に修復していきます。

しかし、偏った生き方は自然治癒力を低下させてしまい、ガン細胞を正常細胞に修復する機能も低下します。

ストレス、薬物依存などが増え、体に大きな負担となり、働き盛りの年齢にガンが増えています。

また、逆に楽な生き方で副交感神経が優位に偏り過ぎてしまうと、低体温などから病気を引き起こしてしまいます。

動かない生活は、筋肉量も低下させてしまい、血流も悪く、内臓の働きも悪くなります。

どちらに偏り過ぎでもいけないということです。

しっかり働き、しっかり休む

悩み過ぎず、明るく笑う

薬は必要以上に飲まない、飲んだら解毒する

ガンは日々の生活の小さなことの積み重ねです。

この積み重ねが長くなればなるほど、頑固な塊が出来ていくのです。

すべてはバランスです。

今まで悩んで生きてきたのなら、今日から笑いましょう。

心も体もキレイに、バランスよくキレのあるライフスタイルを目指しましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは、バランスの取り方で決まる

生きていくうえで大切なのは、バランスです。

なぜ、ガンになったのでしょう・・・

それは、生き方のバランスが悪いからです。

ガンになる人は、頑張り過ぎたり、心配し過ぎたり・・・

「〇○し過ぎ」は、偏ったバランスの悪い生き方をしています。

ガンになる人は、自律神経のバランスが悪く

交感神経、副交感神経どちらかに偏りっぱなしになっています。

ガンになる人は、白血球のバランスが悪く

顆粒球とリンパ球の割合によって免疫力が低下していきます。

ガンになる人は、エネルギーをつくるシステムのバランスが悪く

年齢を重ねても解糖系が優位のままで、ミトコンドリアが上手く働いていません。

すべてはバランスです。

人生も山あり谷あり

嬉しいこと、つらいこと、色々あってバランスをとっています。

都会で疲れたら、田舎で暮らす

これも人生のバランスです。

働き過ぎた人は、体を休めてみる

完璧主義だった人は、不完全な人になってみる

人のためばかりに生きてきた人は、自分のために生きてみる

愚痴ばかり言って生きてきた人は、喜びを見つけて生きてみる

泣いてばかりだった人は、笑って生きてみる

甘いものを食べてきた人は、砂糖をやめてみる

食に無関心だった人は、食の大切さを学んでみる

生き方を変えて、人生のシーソーのバランスをとるということです。

ガンという塊が、生き方の偏り、バランスの崩れを教えてくれたのです。

生き方の偏りがある人は、強いとらわれが必ずあります。

ものごとを考えすぎたり、出来ない自分につらく当たったり、ハードルが高かったり・・・

とらわれを捨て、自然体で生きることが、バランスをとった生き方になります。

バランスがとれるようになれば、すべてにおいて楽に生きれるようになります。

生き方を変えるためには、まず心と思考を変えなくてはなりません。

心と思考が変われば、体も変わってきます。

すべては繋がっていて、バランスをとろうとしているのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

がん治しは足の冷えを解消する

私たちの体は、体にとって毒になるもの、必要ないものは外に出そうとする働きがあります。

鼻水、目やに、湿疹、膿、汗、便、尿、おりもの、浮腫みなど、これらは浄化機能の働きによるものです。

浄化機能が上手く働かないと、体内に毒素をどんどん溜めてしまいます。

その結果、ガンという塊が出来てしまうのです。

ガンなおしは、浄化機能を上げることに目を向けます。

この浄化機能をスムーズにするためには、下半身の血流をよくすることが大事です。

足を温めると、体の毒が下半身におりてきて、毒を排出しやすい状態になります。

体を動かして自ら熱を発して足を温めると、全身の血流も良くなります

また、足湯などをつかって足を温めるのもいいですね。

足が冷やさないように、靴下の重ね履きをしている方もいらしゃいます。

寝るときも靴下を履いたままも方もいらっしゃいます。

それでも足が冷たい方・・・

靴下によって、血流を悪くしていませんか?

よく曲げる足首は、角度によって血流が悪くなることがあります。

心臓へ血液を送るポンプの役目をしているふくらはぎ

これらを靴下で締めつけてしまうと血流が悪くなり、足がかえって冷えてしまいます。

靴下などに頼らなくても済むよう、自ら熱をつくり出せる筋肉をつけていきましょう。

暖かい部屋で靴下を履いているのに、なぜか足が冷える人

靴下や下着の締め付けがないか意識してみるといいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分流のがんを治す生き方

何が大切なのかによって、生き方もガンなおしも変わってくるでしょう。

生きる目的は・・・

健康であること

心豊かな人生

今ある時間を大切にする

人それぞれ違います。

何が一番 大切なのか・・・ どう生きたいのか・・・

自分の心の声を聞き、まずはそこから、じっくりと自分と向き合うことが大切です。

ガンは、心、体、環境を全部ふくめた全身病

ガンという塊を消すことだけにとらわれる人は、失敗をします。

これも自分でなおすという意識のなかで取り組んでいくと、自分の体の声が聞こえてくるようになります。

大切なことは、数値ではなく、自分自身の体感

自分自身が体調が良いと感じることが一番です。

自分の体は他人にはわかりません。

主治医は、自分自身です。

そして、今の時間を豊かに暮らすことに意識を向けてみませんか?

今のこの時間を有意義に、心豊かに生きていないと未来も見えません。

ガンという塊に対する執着を捨てることで、今を豊かに生きることが出来ます。

今を豊かに生きることで、副交感神経が働き、心身ともに健康に近づきます。

ガンを消すことが大切なのか、家族と穏やかに過ごすこの時間が大切なのか・・・

何が一番、大切なのかじっくり向き合うと、自分に似合ったガンなおしが見えてきます。

今を大切に生き、明るい未来を描いて欲しいと祈っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

NK細胞は良質な睡眠から

良質な睡眠は免疫力を上げてくれます。

睡眠は最高のリラックスタイムです。

昼間はしっかり働き、夜はしっかり休む

このバランスが健全な免疫をつくります。

体をリラックスさせ副交感神経を働かせることは、免疫アップには非常に大切ななことです。

しかし、リラックス状態が必要以上に長くなると副交感神経が優位になり過ぎてしまい、免疫低下の問題が発生してしまいます。

自律神経のバランスが重要になりますね。

自然界のなかで生命を営む私たちは、太陽に合わせて生活することが健康の秘訣

朝陽が昇る前には起き、日暮れとともに活動を沈静していく

現実には難しいかもしれませんが、夜は早く休み、朝型の生活を意識することは出来ますね。

つまり、太陽が昇っている時間に交感神経を働き、太陽が沈む時間は副交感神経に切り替わる生き方が自然体であるということです。

寒い季節は、交感神経の緊張が強くなりがちです。

入浴でリラックスする時間、お布団でリラックスする時間をより大切にするとよいでしょう。

そして、夜はどんなに遅くとも、その日のうちに睡眠に入ることが大切です。

この時間にリンパ球を増やし、免疫を上げてくれます。

ガン細胞を攻撃してくれているNK細胞を増やすのは、良質な睡眠です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

薬物依存が、がんをつくる

痛み止めを数時間おきに飲まれていた方

最初は少しの量で効果があったそうです。

しかし、痛み止めは効かなくなってしまい、気がつけば服用する量だけが増えていたそうです。

これは痛み止めに限ったことではなく、抗ガン剤、抗生剤も同じです。

これが薬剤耐性です。

痛むから薬を飲んでいたはずが、いつしか薬が切れたら痛み出す体になっています。

これが薬物依存です。

体が薬物を求める症状をあらわすのです。

痛み止めを飲めば飲むだけ、活性酸素を出し血流を悪くし体温を下げ、残念ながらガンが進行しやすい環境をつくっています。

これを知れば、誰だって出来るだけ薬は最小限に抑えたいと思うでしょう。

薬だけに頼らず、日頃から体を温めたり、呼吸法でリラックスすることを意識したりします。

解熱剤なども同じです。

風邪などのとき、薬で熱を下げると血流が低下します。

血流が低下するとリンパ球が低下し菌やウイルスと闘えなくなり、かえってなおりが悪くなることもあります。

薬物には、デメリットもあることを理解しておくことが必要です。

そして、対症療法であることも・・・

なぜ痛むのか、なぜ病気になっているのか・・・その理由を考えてみることは大事なことです。

痛むから抑えるということだけでなく、痛む原因を取り除くことにも目を向けてみると良いでしょう。

痛む原因を取り除いていくことが、元気への道です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

確率より自分を信じること

「なおる可能性は何%なのか」

「なおる確立が高い方を選びたい」

「絶対に良くなるのか」

思うようにならないと他人のせい、物のせいになりませんか?

そんな方は、残念ながらなおらない方がほとんどです。

なぜなら、自分に責任を持っていないからです。

自分に責任が持てていない人は、何をやっても中途半端になってしまいがちです。

中途半端になっているにも関わらず、なおらないと愚痴になってしまう傾向があります。

人は、体、心、性格、体力、環境、生き方、細胞まですべて違います。

そんな人間の体に対して、なおると言い切れるものはありません。

なおると言い切れるとしたら、それは体の声を聞ける自分自身だけです。

科学的根拠があると言われている治療であっても、絶対という言葉はないはずです。

なおす人は、とことん自分と向き合っています。

確率や数字に振り回されることなく、自分が信じたことを徹底的に貫いています。

他人や物に期待するのではなく、自分に期待を持っています。

そして、ガンをなおすためのアイテムを上手に活かしています。

自分に対しても、他人に対してもマイナスの言葉は出さない、与えない。

日々の言動が違います。

結果は誰にも分からないことです。

他人に答えを求めること自体が、ガンの道であること。

自分自身の愚かさに気付き、自分自身を信じることから始まります。

がんを治す生き方・・・

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

自分に最適な療法を選ぶには・・・

ガンをはじめとした情報は、あまりにも多く氾濫しています。

療法の選択に迷ってしまいます。

情報に振り回され、それだけで疲労してしまう方も・・・

多くに情報は、ガンに限らず症状の捉え方も違います。

溢れる選択肢の中から、どうやって自分に最適な療法を選べば良いのか・・・

まずは、なおったという症例や確率だけに捉われないことが大切です。

何を大切にしたいのか・・・

どう生きたいのか・・・

人生が違うように、ガンなおしもみんな違って当たり前

選択に必要なことは、自分自身の直感力と心と体の声です。

療法を決められず、ずっと悩んでいる方がいます。

悩みすぎは直感力を鈍らせてしまいます。

自分の体は、何を求めているのか、また何に苦しんでいるのか・・・

体の声をしっかりと聴いて受け取ることが重要です。

人の体は誰にもわかりません。

わかるのは本人だけなのです。

だから、直感を信じれる自分、心と体の声を聴ける自分になることです。

この前提には、自分に責任を持つということがあります。

自分にしっかりと責任を持ち、意識を変えていくことが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

皮膚は重要な免疫器官

ガン患者さんにとって重要な免疫器官

そのひとつに皮膚があります。

皮膚は重要な排泄器官でもあります。

皮膚をこすると刺激となり体温機能が高まり、全身の血流が良くなります。

同時に汗腺が鍛えられ、皮膚からの排泄機能も高まります。

汗腺を鍛えるには、寒風摩擦ですね。

寒風摩擦でゴシゴシと強くこすりすぎると角質を傷付けてしまうこともあるので、優しくすることがコツです。

例えば、お風呂に入った時にアロマオイルなどを使って、さするようにマッサージしてあげるのもよいでしょう。

アロマオイルがない場合は、無添加石鹸でもよいでしょう。

さすってリンパの流れがよくなると、毒だしになります。

とくに体の中でも血流の悪くなりやすい関節などは念入りにさすってほぐしてあげます。

皮膚の色が変わっているところは、特に血流が悪いところです。

浮腫もリンパの流れが悪い証拠

お風呂のなかだけでなく、テレビを見ている時なども服の上から優しくさすってあげるだけでも違ってきます。

小さなことの毎日の積み重ねが変化を起こさせるのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

生命の根源は自然治癒力

果物や野菜に含まれるフィトケミカル

フィトケミカルとは、果物や野菜の色素や辛味成分であり、体内で抗酸化物質として作用されます。

フィトケミカルには、抗ガン性を示すものも多くあり、疫学的研究によれば、果物や野菜に含まれるフィトケミカルはガンの危険性を減少させるといわれています。

米国立がん研究所でも、1980年頃からフィトケミカルの安全性と有効性、適用性についての評価が始まっています。

私もガンになったとき、フィトケミカルの存在には興味を持ちました。

キノコ類や、ネギ、キャベツ、ブロッコリーなど・・・

スープなど、煮出すことで溶け出すといわれているフィトケミカルですが、煮出せば野菜の酵素を失ってしまいます。

そこで私はプロポリスの300を超える栄養と有用成分に目を向けました。

基本は食事ですが、現代の野菜では補えない部分をプロポリスで補います。

プロポリスを飲むようになり、私が一番最初に変化を感じたことは、鬱状態だった精神面です。

外に出ることも苦痛だった私ですが、早朝散歩に出掛けたりするようになりました。

おかげで35.2℃だった体温が、気付けば36.8℃まで上がり、風邪をひくこともなくなりました。

少し風邪気味かな・・・と思ったらいつもより多めのプロポリスに、熱い梅醤番茶などを飲んで早め休むと復活します。

これぞ自然治癒力です。

この自然治癒力がしっかりと働いていれば、ガンになることもなかったのだろう・・・と反省をしています。

私たちの生命の根源は、自然治癒力です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)