カット野菜の危険性

コンビニやスーパーに並ぶカット野菜や野菜サラダ

そのまま食べれる利点は、忙しい現代人、ひとり暮らしの人のは確かに便利ですよね~

でも野菜って、カットすると変色をしたり、しなびたり、カット部分が雑菌だらけになったり、通常は問題点がたくさんあるはずと思いませんか?

自宅で、サラダを冷蔵庫で保存すると半日もすれば、別物になっていませんか?

実は、このカット野菜やサラダの問題点は薬剤によって解決されています。

野菜が新鮮に見えるよう、変色なども防ぐために、pH調整剤が使われています。

pH調整剤とは、腐敗を防ぐ添加物です。

また、カット野菜の一番の問題点である菌の増殖を防ぐために、次亜塩素酸ナトリウムが使われています。

いわゆる漂白剤です。

カットした野菜を、消毒のために漂白剤に浸けているということです。

次亜塩素酸ナトリウムは薬品のなかでも強い薬品です。

これに浸けたままの野菜を食べているなんて怖いですね・・・

そうでなくても、野菜は農薬がたっぷりです。

これ以上、薬品づけの野菜は勘弁ですね

発がんリスクが・・・・・

大切な子ども達に、カット野菜食べさせていませんか!?

自然栽培野菜がいいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す