副作用を軽減するのも自分次第

ガン難民という言葉を聞いたことがありますか?

病院から見放された方

治療へ不安を持ち、自ら病院を離れる方

このように行き場の無くなった方々は、本当に不安な時間を過ごされています。

日本には130万人を超えるガン患者がいるといわれています。

そのうち半数が、治療への不安、不信感でさまよっているそうです。

突然の癌宣告で、準備も知識もない状態で治療が始まります。

つらい治療に耐えたにもかかわらず、数カ月で再発、転移

壮絶な副作用で衰弱し、治療の甲斐なく亡くなる人が後を絶ちません。

癌治療による感染症で亡くなる人が減らないのは悲しい今の現実ですね。

2人に1人が癌になり、3人に1人が亡くなっています。

自分の体は自分で守らなければ、誰も守ってはくれません。

治療と守ることは違います。

副作用で亡くなっている方はたくさんいます。

放射線や抗癌剤の副作用の軽減は自分でしていかなくてはなりません。

副作用は仕方ないことと諦めていませんか?

副作用は自分で軽減する

活性酸素を除去したり、免疫力を保つのも自分次第です。

ガン難民にならない為にも、学び、日々実践することが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す