免疫細胞活性化・少食は万病を治す

1日のなかで空腹状態をつくることは、がん予防になります。

食べ物が胃に入ると、体内酵素は消化のために使われます。

食べれば食べるだけ、酵素を使ってしまいます。

体内酵素は消化だけでなく、細胞の修復にも使われます。

消化に酵素を使い過ぎてしまうと代謝に必要な酵素が不足してしまい、スムーズな細胞修復が出来なくなります。

酵素は生体機能を正常に機能させるのに重要な役割があります。

生体機能が正常に機能することで、癌細胞の増殖を抑えたり、癌細胞を正常細胞に戻すことが出来るのです。

生体機能を正常に機能させるためには、食べ過ぎないこと

腹7分目を意識する

また、朝食を抜くなどプチ断食や、空腹を感じて食事をするといった無理せず続けられることもいいですね。

また空腹時には、癌細胞を食べてくれるナチュラルキラー細胞が活性化されます。

細胞は私たちが食べたものでつくられます。

ですから、私たちがお腹いっぱい食べると、細胞もお腹がいっぱいになり、癌細胞を見つけてもナチュラルキラー細胞は食べようとしなくなります。

つまり、食べ過ぎ、だらだら食べはナチュラルキラー細胞の働きを抑制してしまうのです。

少食は万病を治す妙法です。

プチ断食であっても免疫力、排毒力が増強されます。

昔は、病気をすれば1日何も食べない、また重湯だけを摂るなどして回復を待っていました。

それが明治維新以降、栄養学が入ってきたことで 「病気はしっかり食べて治す」 といった常識が広まりました。

しかし、食べることは思う以上にエネルギーを使ってい、弱った体からはさらにエネルギーを奪ってしまうことになります。

つまり、食べることは逆に病気の回復を遅らせてしまうことにもなりうるのです。

癌だけでなく、よく風邪をひく人、アレルギー、アトピー、傷の治りが悪い人なども食べ過ぎから起きているかもしれません。

1日に胃腸を休ませる時間をつくり、免疫細胞を活性化させる少食生活を心がけましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す