ミネラル不足が、がんを招く

ミネラルをしっかり摂っていますか?

ミネラルが不足すると、さまざまな病気が起きやすくなります。

注目を浴びるビタミン、酵素などに比べると、脇役的存在のミネラル

そんなミネラルですが、実は「縁の下の力持ち」であり、ミネラルがないと働かないものもあるほどです。

ビタミン・酵素を一生懸命摂っていらっしゃる方

同時にミネラルをしっかりと摂っていますか?

ビタミンは大切な栄養素ですが、ミネラルが不足しているとビタミンは吸収されません。

ビタミンだけを一生懸命摂っても、残念ながら思っているような働きはしてくれないと言うことです。

酵素も同じです。

酵素もミネラルが不足すると、活性化されません。

食物を消化分解して、栄養素を取り込む働きをする消化酵素

取り込んだ栄養をもとに細胞を作ったり、毒素を排出したり、呼吸、運動に欠かせない代謝酵素

代謝酵素は、免疫や自然治癒力にも働きかけ、生命にとって重要な役割を担っています。

このように生命活動において欠かせない存在である酵素ですが、これを支配しているのが、実はミネラルです。

ミネラルは、食事のなかで自然と摂取されるのが普通でした。

しかし、今の日本の食事は、加工品や添加物だらけ

野菜も昔のような栄養素がありません。

ミネラルが簡単に摂取できるはずの塩ですら、減塩活動と共に摂取量が減り、ミネラル不足に陥っています。

これが、ガンを増やした原因でもあります。

自然塩は、通常に摂取していれば体に害を与えるようなこともなく、それどころかミネラルをしっかりと摂ることが出来ます。

残念ながら、市販されている塩のほとんどが、人工的に加工された塩ですね。

ガン予防のためにも、自然塩を使うようにしましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す