がんはブドウ糖を多食する?・砂糖はがんのえさ?

1ミリの小さながんを見つけるという早期発見検査

ガンの再発転移を確認するための検査としても広く使われているPET

日本で大活躍ですが、欧米などでは使用が禁止とされているようですね。

がんでないものを癌と診断してしまうからでしょうか・・・

船瀬俊介氏によれば、炎症箇所にもPETは反応するとか・・・

このPET検査の原理はいたって単純ですね。

検査の際、ブドウ糖を流し、ブドウ糖が集中した場所が、がんと診断されます。

放射線物質とからませ、撮影すると白く光るという原理です。

がんはブドウ糖を多食する細胞

糖によって増殖するがんの性質を活用した検査なのです。

ブドウ糖が体に入ると癌は元気になります。

もっと身近で言えば、日々摂っている砂糖によって癌を元気にさせているのです。

つらい治療のご褒美にスイーツ

ストレス発散にスイーツ

特に女性は甘いものが大好きですね。

甘いスイーツで気分転換したいのですが、しかし体のなかでは残念ながら癌細胞は活性化しているのです。

砂糖は、がん細胞を増殖させてしまう食べ物です。

PET検査でわかるように、糖が体内に流れてくると、糖が大好きな癌は糖を引き寄せます。

このように癌は体内に入ってきた糖を集めエサにして大きくなっているのです。

ストレス発散でしたことが返ってつらいことにならないようにしたいですね。

知らないことは怖いことです。

自分の体は自分で守る

そのためには、まずは癌を大きくさせない生活をすることです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人たちの生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。