がんだからこそ感じる幸せと喜び

悩み続けて、結局 何も出来ていない方がいらっしゃいます。

悩めば悩むほど、ものごとは複雑になります。

悩めば悩むだけ、直感が鈍ります。

何が正しいのか、自分が何をしたいのか、わからなくなります。

それどころか、つかんだチャンスも失います。

何を信じてよいか分からない・・・

そんな風に思っていませんか?

信じるのは、療法ではなく、自分自身です。

悩むことと、考えることは違います。

自分がどうしたいのか、どうなりたいのか、考えるのみ

つまり、ものごとを簡潔にすることです。

「こうしたい」 と思ったら、腹を決めること

そして、自分が決めたことを、黙々と続けることです。

いくら良いと思っても、実践しなければ、何も変わりません。

そろそろ自分のことを信用してあげれる自分になってみてはどうでしょう。

どんな状況でも、自分を信じてくれる人は自分です。

私たちは、なんのために生きているのでしょうか。

今が一番幸せだと言える生き方をしてみませんか?

ガンであっても、喜びを充実させることは出来ます。

ガンだからこそ、幸せや喜びを人の何倍も感じることが出来るのです。

この特権を、使わない手はありません。

昨日に引き続き、今日も三人の方からご相談のお電話を頂きました。

きっと勇気がいったことと思います。

その勇気とチャンスを無駄にすることなく、取り組んでいかれることを心から祈っています。

皆さん、最初は同じです。

しかし、ここからが違ってきます。

取り組まなければ、何にも変わりません。

直感やチャンスを生かし、素直に取り組まれた方は、それなりに結果を出されています。

自分を信じることも、毎日の訓練です。

少しでも早く気付かれ、ガンであっても生き生きと過ごされることを、せつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す