がん・子孫への連鎖を止める

各地には、さまざまなお祭りがあります

このお祭りには、それぞれに意味があります。

平安時代、京の町で疫病が大流行し、大勢の方が亡くなりました。

当時の桓武天皇が、疫病が流行したのは、怨霊の怒りによるものと考え、霊を鎮めるために行ったのが、祇園祭の始まりと言われています。

御霊(みたま)の怒りに触れることとは、どんなことであったのかはわかりませんが、これは現代においても言えることなのではないでしょうか・・・

私たち生命を生み出してくれているのは、天と大地です。

この天と大地が与えてくれた生命の根本原理を無視して、病がなおせるわけがありません。

気付かねばならない時が来ていますね。

現代は、疫病を超える勢いで、ガンが発症してします。

昔は、ガンは過酷な労働から起きていました。

それが今では、過酷な労働などしていない若い人や子ども達が発症しています。

これは、生命を生み出した天や大地を無視した結果ではないでしょうか・・・

少し、宗教的に聞こえるかもしれませんね。

しかし、子孫への負の連鎖を止めるためには、この法則を無視することは出来ません。

『天』 は、神や精霊の住むところ

私たちの世界では心の部分にあたるのではないでしょうか・・

『大地』 は、作物を育ててくれるところ

私たちは、農耕民族であり、大地が食と命を繋げてくれています。

『天は陽気、地は陰気』 と対義語になります。

陽と陰で生命体のバランスをとってくれています。

神社では、二礼に拍手一礼をします。

『天の神様に一礼』

『大地の神様に一礼』

このように私たちの命は、神様から与えられていることを忘れてはなりません。

お天道様はいつもみてらっしゃいます。

人間に自然治癒力というものを与えて下さったのも神様です。

薬という便利なものが増え、自分でなおすなど、考えることすらしなくなった現代人

せっかく与えてくださった生命体に感謝して、自然治癒力を生かすことが、人間本来の生き方ではないかと思います。

私の生き方を救ってくれたものはこちらから

 

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

 

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

 

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

 

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

 

 

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す