筋肉疲労・消炎鎮痛剤・新たな病気を招く

ストレスを感じると肩に力が入り、コリが出来ます。

がんになったことで悩み、落ち込み、恐怖を感じていると体が凝り固まってしまいます。

このようなストレスで交感神経の緊張状態が続くと、筋肉は疲れ果ててしまいます。

そして慢性筋肉疲労となり、筋肉が炎症を起こしてしまうと重く痛みを感じ、熱をもつこともあります。

これはプロスタグランジンという血管拡張作用のある物質の分泌によるもの

慢性筋肉疲労を改善しようと体が働くときに出る症状です。

そしてこの痛みや熱といった症状を通り、体は回復していくのですが、この痛みや熱に対して消炎鎮痛剤などを使うとどうなるでしょう・・・

痛みは緩和されますが、体温は下がり血流は滞ってしまいます。

血流が滞ることによってまた、筋肉疲労を起こしてしまいます。

それだけでなく消炎鎮痛剤(湿布も)を使い続けることで、新たな病気を生んでしまう可能性もあります。

薬の長期使用は体にとって大きなストレスとなり、交感神経緊張を招く大きな原因になります。

鎮痛剤に含まれる成分は、交感神経を刺激してしまう作用があります。

交感神経緊張状態は血管を収縮させてしまい、脈が速くなり、動悸などが起きます。

また、不安感が増すなど、不眠の原因にもなります。

交感神経緊張状態が続けば続くだけ、白血球のなかの顆粒球が増え、同時に活性酸素も過剰となり、その強い毒性によって体の粘膜組織を破壊して癌などの病気をつくってしまいます。

このように薬には効果とリスクが必ずあります。

病気の大半は交感神経過剰でつくられます。

がんが促進されるような環境は避けたいですよね。

痛みや熱の症状もまずは民間療法を用いてみることも、癌をつくるリスクを高めない方法です。

また慢性筋肉疲労を起こさないためには、日頃から背筋を鍛えるといいでしょう。

私の愛用品はこちらから

ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

また、背筋を伸ばし、よい姿勢を意識するだけで背筋は鍛えられます。

そして、心のコリをつくらないことです。

悩み過ぎ、考え過ぎはコリをつくります。

姿勢を正し、心と体のコリをつくらない生き方をしたいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す