何が正しいのではなく、何が自分にあってるか

「私は〇○なのですが、どうなんでしょうか・・・」

と、お電話でご相談を頂くことがあります。

どの療法であっても、治った人、治らなかった人、両方が存在します。

治った人がいると聞いて、その療法のマニュアル通り一辺倒

それが本当に良いのかどうか・・・

何が良いのか、何が悪いのかは、みんな違います。

「何が正しいのかではなく、どれが自分に合っているのか」

これが正解だと思います。

これは、自分にしかわからないことです。

だから、他人や家族ではなく、自分で決めるしかないのです。

また、自分がやっている療法と真逆の意見を聞けば、不安になることもあるでしょう。

不安を解消するには、しっかりと自分自身の体の声を聞くことです。

自分の体に合った療法を自分で選び、組み合わせしていれば、仮に自分がやっている事と真逆のことを耳にしても不安になることはないでしょう。

みんなそれぞれ違う、人と比べない自分になることが大切です。

これが、揺るがぬ自分になるコツです。

治った人がいるから・・・

ただそれだけで飛びつく人は、必ず失敗をします。

与えられたことだけしかしない人も、必ず失敗をします。

どこまで本気なのかもお話をしていれば、わかります。

魂から、心の持ち方、生き方を変えたい思いの人は、話を聞いていればわかります。

「動かぬ魂の思い」

これがガンを克服した人の共通点です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す