酸素を取り込みがんを抑制する

酸素不足は癌を引き起こす原因になります。

酸素不足が癌を寄せ付けてしまうなら、癌を防ぐ、癌を治すには酸素をしっかりと取り入りいれる必要性があります。

とはいえ私たちは、常に呼吸をしているため、酸素の存在は当たり前であり、特に意識してしているという人の方が少ないでしょう。

がんは酸素が大嫌いです。

酸素がたっぷりあるところでは癌細胞は生きにくくなります。

そして、癌を抑制するミコンドリアを増やすには酸素が必要です。

呼吸をすると肺に酸素が入り、血液を巡ります。

しっかりと酸素を取り入れミトコンドリアでエネルギーをたくさん作れれば、癌細胞の増殖を抑えることができるのです。(そのほかの条件もそろえる必要はありますが)

まずはミトコンドリアを増やし、活性化させるに必要なこととは

鼻呼吸をする

口での呼吸は浅い呼吸になります。

浅い呼吸は交感神経を優位にしてしまい、睡眠中も副交感神経が優位にならないため、リラックス出来ず、疲れがとれない状態にもなります。

また酸素不足だけでなく、口呼吸は菌が入りやすくアレルギーや病気を引き起こす原因にもなります。

次に吸い込んだ酸素を全身に行き渡らせるために、血液の流れをよくする必要があります。

ストレスを回避して笑って過ごすこと

有酸素運動や入浴で体を温めること

適度な運動、適度な休息、そして明るい前向きな心が酸素を上手に活用できる、癌が遠ざかる生き方なのです。

私の元気の味方はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す