日本の農薬使用量は世界トップクラス

中国産のものは、ちょっと・・・

海外のものは、ちょっと・・・

と言われる方、多いですね

では、日本の野菜はどうなのでしょうか・・・

日本の野菜、果物への農薬使用量は、世界でもトップクラスですよ

以前にもお伝えしましたが、イチゴの農薬使用基準は、他国の4倍、5倍、6倍といった極めて高い数値になっています。

特にイチゴは丸ごと食べる果物ですから、そのまま農薬が体に入ってしまいますね

お茶の葉などは、恐るべき農薬基準です。

毒性が強いため、他国では使用禁止になっている農薬でも、日本は規制がない状況です。

中国より、農薬使用量が高い日本の野菜はたくさんあります。

特に、グリホサート系の農薬は、発ガン性が高く専門家からも危険性を指摘されています。

なぜ、こんなに農薬を使うようになったのでしょう。

それは、安全性より、とにかく安く買いたい消費者のニーズと、虫食いの野菜は不衛生と考える人が増え、綺麗な野菜でないと買わない、といった考えから、農薬野菜が主流となったのではないでしょうか・・・

日本の野菜、果物は安心と思わず、選んで買うことですね

そして、大切な家族の健康のためにも、農薬を除去を家庭でしっかりとされることをおススメします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す