がんと心・がん細胞を正常細胞に戻す

がんを治すには心も持ち方が重要になります。

癌になると治療法にとらわれがちですが、もっとも大切なことは心

そして、最も苦戦する部分です。

不安をどう乗り越えるのか

恐れをどう取り除くのか

悲しみをどう喜びに変えていくか

これも治療のひとつです。

癌と心は切っても切れない関係

特に自分の持つ自然治癒力によって癌を治す自然療法では、心の持ち方、心のあり方がとても重要になってきます。

これには、まず癌と闘わず、癌も大切な自分の体の一部として受け入れることから始まります。

闘うと心も体も疲れます。

癌と闘うということは、自分の体(細胞)を攻撃しているのと同じ

つまり自分の体を痛めつけているのです。

体を痛めれば、心も痛み、不安、恐れ、悲しみが増えてしまうことも・・・

恐れや悲しみ、闘う心はアドレナリンやドーパミンが放出され、血圧や脈拍、血糖値が上がってしまいます。

この状態が続くと免疫力まで低下してしまうことにも・・・

癌=自分の大切な細胞です。

自分の間違った生き方によって、正常細胞を変化させてしまい出来たのが癌

がん細胞も元々は自分の正常な細胞だったのです。

だから癌は攻撃するのではなく、癒して元の正常細胞にもどしてあげるのです。

癌細胞も自分の心も体も傷つかずに治していくことが理想ですね。

癌を攻撃すれば、自分の体も傷つきます。

攻撃すれば、苦しみは自分に返ってきます。

ズタズタに傷つかないと気付かないこともたくさんありますが、出来ることなら深く傷つく前に気付いて頂きたいと、経験したからこそ思い、伝えます。

栄養を隅々まで行き渡らせ、ふんわりと温め、おおらかな心で過ごすことで体は回復へと向かいます。

体が正常な状態になれば、自然と癌は退縮していくのです。

これが、自然治癒力です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す