食べるだけで自然治癒力をさげてしまう

「抗ガン剤が始まるら、今のうちにしっかり食べておかないと」

「手術後の体力回復にしっかり食べないと」

焼き肉にハンバーグ、お寿司にピザ、ケーキにアイスクリーム、

そんな光景を時々見かけますが・・・

すべて逆ですね。

食べれば、食べるだけ免疫を落としていきます。

逆に、食べないほど自然治癒力は強くなります。

昔は、病気の時は重湯を飲んで寝ていたはずです。

それが、いつしか 『食べないと病気は治らない』 に変わったのです。

今から150年ほど前からでしょうか。

ドイツの大学教授フォイト博士が唱えた 『たんぱく質(肉)を摂取せよ』 というカロリー重視の栄養学

『フォイト栄養学』

肉は最良のたんぱく質という洗脳が世界中に広まり、その影響を受け、元気になるためには、カロリーが必要となったのです。

しかし、近年になり学者たちから、フォイト栄養学を根底から覆す事実が証明されています。

【動物たんぱくこそが、史上最悪の発ガン物質である】

【長寿遺伝子は、空腹によってスイッチが入る】

つまりは、動物性のものを避けた少食が良いということです。

ガンの治療をしながら、しっかり食べるのことは、治癒力を下げてしまっているのです。

では、なぜ少食にすると、治癒力が高まるのかと言うと・・・

実は、食べたものを消化するには、とても大きなエネルギーが使われています。

食べる量や食事の回数が減ると、消化に使うエネルギーが、自然治癒力の方に回せるからです。

ガン細胞は、元気な人でも1日数千個から数万個、毎日つくられています。

自然治癒力が働いてくれているおかげで、ガンにならずにすんでいるのです。

私たちの体のなかで、ガン細胞を見つけては、攻撃してくれているナチュラルキラー細胞

このナチュラルキラー細胞たちが、しっかりと働ける環境を整えるには、少食であることが必要です。

がんたちは、食べたものが栄養となり、血液そして細胞をつくっています。

私たちがお腹いっぱい食事をすれば、その栄養は血液にいき、ナチュラルキラー細胞たちもお腹がいっっぱいになります。

お腹がいっっぱいになったナチュラルキラー細胞は、ガン細胞を見つけても攻撃しようとしなくなります。

すると、ガン細胞は野放し状態になり、やがてガンとなっていくのです。

ガン細胞を攻撃してくれるナチュラルキラーをいつも元気にさせておくには、お腹いっぱいの環境を作らないことです。

ガン細胞が大好きな砂糖たっぷりのスイーツ

ガン細胞を刺激するお肉

これが、ガンの道です。

野菜を中心に質の良いもので、腹6分目を目指しましょう。

しっかり噛んでゆっくり頂くと、いつもの6割の量でも充分満足できるはずです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す