がん治しは呼吸治し

酸素をしっかりと摂り入れていますか?

ガンは、酸素が不足すると増殖します。

ストレスは、交感神経を優位にさせてしまい、自然と呼吸が浅くなります。

不安に陥ったり興奮状態になると過呼吸になりますね。

過呼吸は、自分でも呼吸の乱れを感じることが出来ます。

しかし、日々の呼吸が深いか、浅いかはなかなか気付きません。

知らず知らずのうちに、浅い呼吸を繰り返している可能もあります。

これもガン細胞が増殖させる原因です。

悩みごと、ストレスを抱えていると、顔色も悪く、血流の悪さがうかがえ、低酸素状態をつくっています。

人間は、恒温動物であり生きていくためには一定の酸素と体温が必要です。

低酸素、低体温の体内では、細胞が生きにくい状態になります。

しかし、体は適応できるようになっていて、細胞が生きにくくなれば、酸素や体温がなくても生きれる細胞が登場してきます。

これがガン細胞です。

私たちの体は、細胞無しで生きていくことは不可能です。

だから、たとえ低酸素、低体温の状況に体が陥っても、その環境に適応していけるガン細胞をつくり出してでも、体は生きようとするのです。

ガン細胞は、ある意味、体が生き残るための手段なのです。

私たちは当たり前にしている呼吸ですが、その呼吸によって、体の中の60兆個の細胞も呼吸をしています。

細胞が活性化することで、健康が守れているのです。

酸素をしっかり取り込むには、副交感神経を上手に使って生きることです。

森林浴をして、樹木の香り感じたり、葉が揺れるせせらぎの音を聞いたり、また空気のよい時間に散歩をしたり、癒し効果のある場所に自ら身を置くことは非常に有用的になります。

出掛けてエネルギーをしっかりと受け取るのも、ガンなおしのひとつです。

自然の癒しを感じる場所で、瞑想しながら、しっかりと酸素を取り込む呼吸をしてみると良いでしょう。

目を閉じて、口からゆっくり息を吐き出します。

自分のなかの悪いものをすべて吐き出すつもりで、出来るだけゆっくりと長く吐きます。

このとき、悪いものがすべて体から抜け出ているようにイメージしてください。

これが、副交感神経を優位にしていきます。

吐き出したら、今度は鼻でゆっくりと息を吸い込みます。

胸にしっかりと空気が入っていくことを意識していきます。

このとき、大事なことは、自分の望みをしっかりと頭に描くことです。

例えば、ガンがなおった自分をイメージしてください。

私の心の支えになったプロポリスはこちらから

絶対に忘れてはいけないことは、感謝の気持ちです。

心のなかで、ありがとうを唱えましょう。

自分が直面した逆境は、不幸、悲劇ではなく、気付き、学びのチャンスです。

現在、人生がどんなものであったとしても、進歩する余地があることを忘れないで頂きたいとせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す