動物性たんぱく質が、がん細胞を増殖させる

動物性たんぱく質の摂り過ぎは癌をつくります。

そして病巣の成長は、たんぱく質の摂取量に深く関わっています。

がんの促進期に摂取される食物中のたんぱく質が病巣の成長に多く影響を与えることがわかっています。

動物性たんぱく質と言えば、肉、魚を思い浮かべますが、卵、牛乳、チーズ、バター、生クリームなどもそうです。

お肉はあまり食べないのに癌になったと疑問を持たれますが、牛乳を毎日飲んでいたり、パン食が多かったり、卵料理が多かったり、ヨーグルトを毎日摂っていたり、スイーツが好きだったり・・・

意外にも女性の方が動物性たんぱく質を多く摂っていたりします。

がんの人は、がん細胞を増殖させる動物性たんぱく質を避けるべきでしょうね。

私たち人間は総摂取カロリーの約10%をたんぱく質からとるべきとされていますが、実際にはこれは体の必要量よりはるかに多いようです。

たんぱく質の摂取は、動物性の食品は避け、緑葉食野菜や豆類といった植物性の食品で摂ることをおススメします。

海藻類も良質なたんぱく質のひとつです。

健康な人は、質の良い肉を摂り、それ以上の野菜を摂るといいでしょう。

ただし動物性たんぱく質の摂りすぎは要注意です。

動物性の食品は、腸内で腐敗しやすく、インドール、スカトールなどの有害なガスを発生させてしまいます。

ガスの臭いが気になる人は、動物性の食品が多くないか確認してみることをおススメします。

毎日の食事は、植物性の食材を多く使う和食中心がいいですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す