がん治しは信じたことを続けること

癌になって気付かされたことがたくさんあります。

生きているってどれだけ有り難いことかと心の底から思います。

だから、前を向いて笑っていきていこう! これで頑張ろう!と生活にも、がん治しにも気持ちを高めます。

それなのに気持ちが落ちてしまう自分

しんどくなったり、クヨクヨしたり・・・

また、そんな自分に苛立ちイライラしたり、悲しくなったり・・・

ときには、自分が信じたものまで疑い、期待通りにいかなければ敬遠してしまう。

心だけでなく、体まで治らない方向に自ら向けてしまっています。

ひとときすれば、また、なにか良いものはないかと探し求めます。

そして何かを見つければ、その時はまた気持ちが高まり、よしこれで頑張ろう!と思うでしょう。

しかし、いつもいつも良い時ばかりはありません。

心や体がしんどくなれば、これをやったのに良くならない、と言ってまたやめてしまいます。

自分が信じて決断したものまでを、否定してしまう。

不平不満がいっぱいになります。

物のせい、人のせいになります。

信じたときの感謝、巡り合ったときの感謝など消えてしまっています。

なにをやっても良くならないと最後には、あきらめに変わっていきます。

残念ながら治らない人のよくあるパターンです。

苦しいときって、悪くなったときばかりでしょうか?

良くなろうとするときには、痛みや苦しみを伴うことがほとんどです。

だって・・・

今まで抱えてきた毒を出そうとするわけですから、それは産みの苦しみがあっても不思議ではないと思いませんか??

しかも数年間、数十年間という長い月日をかけて溜め込んできた毒素ですから、簡単には出ないのが普通です。

だから結果が出るまでには時間と忍耐力が必要なのです。

自ら、治る道を閉ざしてしまっていませんか?

治るまでやり続ける

温熱も、運動も早起きも、健康食品も続けることで体が応えてくれるのです。

そして結果を出してくれるのです。

私の支えとなった健康食品はこちらから

きっとお役に立てると思います。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す