有精卵と無精卵

『雌鶏20羽に対して、雄鶏1羽以上を、平飼い、または、放し飼いなどで自然交配可能な環境で採卵されたもの』

これが、有精卵の定義だそうです。

有精卵と無精卵は、栄養学的に分析しても、ほとんど変わりません。

しかし、栄養学的に同じであっても生命エネルギーは、全く別物です。

温めると、有精卵には、生命がみなぎります。

一方の無精卵は、腐ってしまいます。

当然ですが、20℃以上の常温で有精卵を置いていると、親鶏に抱卵されているのに近い状態となります。

36以上になると、有精卵はどんどん細胞分裂していきます。

これが、生命エネルギーですね

昔は、病気の人のお見舞いには、有精卵を持って行っていたと聞いたことがあります。

つまり、弱っている人が食べるものが有精卵ですね。

私たちの日々の生活のなかで、一般的に出回っているのは、無精卵です。

無精卵は、生命エネルギーがない、人間が機械的に生ませた卵です。

不自然な環境下で生まれた卵は、とても体によいと思えません。

卵は、本当に完全食品と言えるのでしょうか・・・

卵は、アトピーやアレルギーの原因にもなります。

卵は、必要以上に食べない方がいいですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す