がんの原因によって調理方法を変える

ガンは、体の冷えから起きる病です。

体が冷えると、血液の流れが悪くなり、栄養や酸素を運ぶ力が阻害されます。

体の冷えは、増えすぎた活性酸素を除去したり、老廃物を排出する働きを低下させてしまいます。

ガンなおしは、体を温めることがとても重要となります。

温熱療法などで、外から体を温めることはとても効果的です。

体のなかからも、しっかりと温めていますか?

体のなかから温めるには、食事が大切になります。

酵素ブームで、生野菜を摂ることの大切さが伝えられていますが、これにも賛否があります。

生野菜は、体を冷やし、体温を下げるという説

生野菜は酵素を補うので代謝があがり、結果、体温が上がるという説

真逆ですから当然、迷いますね。

酵素の問題だけでなく、腸に働きかける食物繊維、抗酸化作用のフィトケミカルも同じです。

何を目的に考えるのかによって、調理方法も変わってきます。

同じ食物繊維をとりあげても、食品の性質によって、生の方が摂取しやすいもの、火を通した方が摂取しやすいもの、全て違うわけです。

そして、人間も同じように、体質、環境、ガンになった原因、全て違うわけです。

ですから、何が自分に不足してるのか、どこの部分を強化したいのか、みんな違うはずですね。

だから、きちんと体の声を聞いて、自分に必要な食品、調理方法をすることが大事になります。

私は、生野菜だけ、温野菜だけ、と偏るのではなく、バランスをとることを大切に考えます。

欠かせないのが、お味噌汁

お味噌汁は、どの目的においても共通して働きかける必須食です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す