薬でがんを作る・病気は自己治癒力が治す

がんになって食事に気をつけるようになったといわれる方は多いですね。

食事の内容はもちろん、添加物や農薬も気をつける

食品を買うときには裏表示を見るようになった人も多いでしょう。

これだけ食品にこだわるようになった人でも、薬は平気で当たり前に飲んでいたりします。

体によい食品にこだわっていても、石油系でつくられた薬を一生懸命飲んでいたのでは体はどんどん汚れていきます。

特に数種類の併用は危険度が増しますね。

薬が大好きな日本人は、4錠以上の薬を5人に1人が飲んでいるそうです。

しかし、きちんと薬の副作用など理解して服用している人はほとんどいないそうです。

副作用が起きていても、新たな不調、違う病気が起きたと勘違いしています。

薬が病気をつくってしまうことも知らないと、また新たな薬が投与されます。

高血圧の薬で痴呆や癌になる危険度は増します。

薬には副作用があります。

私たちの体は、異物(化学物質)が入ってくると拒絶反応を起こします。

これが副作用です。

めまい、頭痛、吐き気、胃痛、下痢、便秘、倦怠感、食欲不振、肝機能低下などの副作用が起きれば、また薬で症状を抑えます。

副作用を抑えるための薬によってまた新たな副作用がでます。

こうやって薬が1つずつ増えていくのです。

米国では推定1年間に10万人以上の人が薬の副作用で亡くなっていると調査結果が出ています。

世界一 薬好きの日本人はどうなるのでしょう・・・

副作用だと知らずに苦しんでいる人はもっと多いのではないでしょうか。

薬で病気を治せると思って一生懸命飲んでいませんか?

薬は病気を治すものではなく、症状を抑えるものです。

そこを理解して使う必要はあると思います。

緊急時以外は出来る限り薬は使わず過ごせたらいいですね。

食事や睡眠、運動など生活を見直し、免疫を高めて自己治癒力で治していく

つらい症状には民間療法などを活用するなど、薬以外の方法を試してみる価値はあると思います。

薬の長期服用、多種併用は血液を汚し、血流を悪化させ癌をつくります。

本当に必要な薬なのか見直してみることも大切ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す