自然体に近づけることが、がんを遠ざける

食べ過ぎ・頑張り過ぎ・悩み過ぎ・極度なストレス・薬の飲み過ぎ

これらが、ガンをつくっています。

食べれば食べるだけ、治癒力を低下させてしまいます。

頑張り過ぎ、悩み過ぎは、交感神経が過剰に働き、血流を悪くし、免疫を低下させます。

ストレスは、組織破壊を起こす顆粒球を増加させてしまい、体内に毒素を溜めやすくなります。

薬の飲み過ぎは、活性酸素を大量の発生させてしまい、体を酸化させてしまいます。

今や、2人に1人がガンになる時代です。

しかし、野生動物は、ガンにならないそうです。

野生動物は、人間のように食べ過ぎることがありません。

当然、薬を飲むこともありません。

野生動物が人間と最も違うところは、言うまでもなく自然体で生きていることですね。

野生動物を見てわかるように、人間は、不自然な生き方をしているからガンになるのです。

食をはじめとした環境を、自然体に近づけること

日本人にあった食事をすることが自然体です。

朝陽が昇る時間には、目覚めることも自然体です。

出来るだけ、緑を見て生活することも自然体です。

空気の良い早朝、朝陽を見ながら、河原や公園、神社など散歩をするのも良いでしょう。

体がとても心地よく感じ、心も洗われ、1日にの良いスタートになりますね。

また、自然体とは、環境的問題だけでなく、心理的なものもそうです。

無理していい人でいたり、他人に気を遣いすぎたり、必要以上に頑張りすぎたり、泣けなかったり、本音が言えなかったり・・・

自然体の自分ではない生き方をしてきた人が、ガンになっています。

ありのままの自分 自然体で生きてみませんか?

自然体に近づけること

これが、ガンなおしの秘訣・ガンなおしの生き方です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す