鰻の優れた抗酸化作用はがん予防

なぜ、土用の丑の日に鰻を食べるようになったのか・・・

さまざまな説があるようですね

大田蜀山人が、鰻屋さんに頼まれ、「土用の丑の日に、うなぎを食べたら病気にならない」という内容の狂歌を作って宣伝したことがきっかけとなったという説

また、江戸時代の蘭学者である平賀源内が、知人の鰻屋さんのために「本日、土用の丑の日」と書いて店頭に張り紙をしたところ、大繁盛したことがきっかけとなった説

その他の説では、文政年間、神田泉橋通りにある鰻屋さん春木屋善兵衛のところに藤堂という大名から大量の蒲焼が注文され、「子の日」「丑の日」「寅の日」の三日かけて蒲焼を作りました。
しかし、なぜか「丑の日」の鰻だけが変質しなかったそうで、丑の日に蒲焼を焼くようになったとか・・・

どの説が正しいのかはわかりませんが、いずれにしても「鰻を食べて夏を乗り切る」 という習慣は受け継がれ、今でも土用の丑の日には鰻を食べています。

鰻には、特にビタミンAが豊富で、粘膜を強化する作用があるので胃腸にも良いと言われています。

そして、ビタミンEには高い抗酸化作用があります。

その他、ビタミンB1で疲労回復、ビタミンB2は細胞の成長や修復、カルシウム、鉄は骨や歯、EPA、DHAは血流を良くするなど、素晴らしい効果があります。

鰻は、ガン予防にもとても良いと言われているほどです

いかがですか?

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す