子宮の冷えと下半身の冷え

毒だしには、下半身を鍛えることが重要になってきます。

有害毒素を排出しやすくするには、下半身を動かすことです。

運動をして、足が温まると血流が良くなり、体の毒素が下半身に移動し、体の外へ排出されやすくなります。

ガンの方は、特に体温が低く、血流が悪いため浄化機能が衰えています。

この季節、冷房のなかにいると足は冷えてきます。

冷たい風は、足元に集まりやすいので、思う以上に下半身は冷えています。

歩いたり、階段を上り下りしたり、また椅子座ったままでも足を持ち上げ上下させる運動など、自分の体調や環境に合わせ、考えてしてみるのも良いでしょう。

また、ガンの方はとくに、夏場であってもシャワーで済ませず、血行を良くするよう湯舟に入ることです。

湯舟のなかで、ふくらはぎをマッサージするとリンパの流れも良くなります。

これらは、女性の生理不順や生理痛にも関係してきます。

すべては、冷えから起きています。

下半身の冷えは、子宮の冷えです。

また、子宮の冷えは下半身の冷えを招きます。

下半身を鍛える運動だけでなく、女性は生理用品にも気を配る必要があります。

子宮ガン、卵巣ガンの方の多くが、共通する点

市販のおりものシートをずっとしていた人です。

ほとんどの生理用品は、塩素系漂白剤を使用しています。

そして、これらの製品に有害性が危惧される点として、月経血や尿を吸収するために高分子ポリマーが含まれていることです。

高分子ポリマーとは、水分を吸収して漏れないように凝固させるためのものですが、大変な有害化学物質となっています。

実は、発熱時などに使用する冷却シートと同じしくみになっています。

まさに、冷却シートと同じく、生理用品が体を冷やしているということです。

特におりものシートは24時間365日使っている人がいますね。

子宮は、袋状の臓器であり、冷えやすい場所です。

だからこそ、子宮を冷やすものより、子宮を温めてくれるものを使うことをおススメします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す