がんで食べてはいけないもの

知っていてか、知らずかわかりませんが

ガンになったら、絶対に食べてはいけないものでも、楽しそうに食べている姿を見て、こちらが戸惑ってしまうことがよくあります。

勉強していますか?

家族の人も勉強するべきだと思います。

ミュンヘン大学のフォイト博士の『もっとも優れているのは動物性タンパクである』とする現代のフォイト栄養学

このフォイト栄養学はヨーロッパ全体の栄養学として確立したのですが、日本も明治以降フォイト栄養学で取り入れてきました。

これが、そもそもガンをつくった原因です。

『動物性タンパクこそが史上最悪の発ガン物質である』

チャイナ・スタディより

そして、ガンは、糖をエサに増殖します。

砂糖は、ガンを大きくさせます。

砂糖はガンの方に限らず、「百害あって一利なし」

そのくらい、砂糖は心にも体にも悪いのです。

当然、ケーキやアイスクリームを食べると、ガン細胞は増殖します。

このくらいいいかな・・・

その1個のケーキでも、ガン細胞は糖をしっかりと吸収しています。

ケーキやアイスクリームには、糖以外にも乳製品が多く含まれています。

この乳製品も、動物性の食品であり、ガンを増殖させてしまう原因のひとつです。

ガンの方のお見舞いにも、お砂糖を使ったお菓子は禁物です。

ガンの時、食べてはいけないものの代表的なものは、砂糖と動物性食品ですが、実はもっと危険
なものがあります。

ガンの方は絶対に食べてはいけないもの

クライアントさん、おひとりおひとりに伝えると、今まで知らずに食べていた人がほとんどです。

なんて、怖ろしい・・・

無知は、とても怖いことです。

最初は、すごく驚かれますが、なぜいけないのか、を説明すると、とても納得されます。

人生には、ひととき辛抱しなくてはいけない時があります。

それが、今であることを自覚することが大事ですね。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す