少食でナチュラルキラー細胞活性化・腹7分め

少食が病気を防ぎます。

腹八分で医者いらず、腹六分で老いを忘れ、腹四分で仏に近づく

食べ過ぎは癌をつくる原因になります。

カロリーを60%に制限をしたマウスは、100%のカロリーを与えたマウスに比べ、2倍長生することが1935年コーネル大学の調査でわかっています。

私たちは食事をすると、栄養素が胃腸から血液に吸収され、細胞がつくられています。

白血球のなかのナチュラルキラー細胞は、私たちの体内をパトロールして癌細胞をみつけては食べて処理をしてくれています。

食事によって白血球に栄養がとり込まれると、私たちと同じようにナチュラルキラー細胞も満腹感を得ます。

ナチュラルキラー細胞もお腹がいっぱいになると、癌細胞を発見しても見向きもしなくなります。

癌細胞を食べるナチュラルキラー細胞は、空腹の方がしっかりと食べて活躍してくれるのです。

ナチュラルキラー細胞に限らず、免疫細胞は空腹時に活性化されると言われています。

ですから癌細胞だけでなく菌に対しても同じことが言えますね。

お腹が減った白血球は、癌細胞や菌を見つけると一生懸命食べてくれます。

これが免疫力です。

免疫を上げるためには、1日のなかで空腹の時間をつくることです。

3食きっちり+デザート、そして間食の生活が、免疫細胞の働きを悪くし、病気を増やしてしまいます。

そして、現代は食べれば食べるだけ、添加物も摂ってしまう食生活です。

余分なものを入れないためにも、お腹がきゅーっとなる時間をつくり、食事は腹7分目を心がけることをおススメします。

がんを治す生き方で、ナチュラルキラー細胞を活性化することです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す