降圧剤とがんの関係

日本で最も多い病気とされる高血圧症の方は約4000万人と言われています。

高血圧症と診断されると、血圧を下げるための降圧剤を飲むようすすめられます。

日本人は50歳以上の約40%の人がこの降圧剤を飲んでいるともいわれています。

これだけたくさんの人が降圧剤を服用するようになったのは、最高血圧の上限が引き下げられたことが原因です。

以前は160だったのが、150、140台・・・といったように高血圧と診断されるラインが変わってきています。

降圧剤をやめたいと思っていても、高血圧は心臓病や脳卒中などの危険を考えてしまうため、怖くてやめれないという意見をよく聞きます。

それだけ私たち日本人は高血圧は怖いものだと思っています。

しかし、最近では高血圧の誤解も少しずつ知られるようになりました。

脳の血管に血栓が詰まって、組織に酸素や栄養が届かなくなり、さまざま障害が生じてしまう脳梗塞

血管に血栓ができることは意外にも多いのですが、詰まることを防ぐために血栓ができても圧力を高めて、血を送り出し、血栓を押しながら流しています。

そのために血圧は高くなるのです。

しかし、降圧剤で無理に下げられてしまった血圧は、血栓を押し流すだけの圧がなく、結果、血管を詰まらせてしまいます。

降圧剤を飲み続けていると、認知症になる

ということを最近はよく耳にしますね。

つまりこれは、降圧剤によって血液の流れが悪くなり、酸素や栄養が行き届かなり、脳の機能が低下してしまった結果なのです。

認知症だけでなく、癌になる可能性も高くなってくるので、要注意ですね。

血流が悪くなり、酸素が不足し、栄養も送られなくなるので、癌細胞が大好きな低体温、低酸素の環境が出来上がってしまうのです。

癌の死亡率も上がってしまうようです。

高血圧、降圧剤をやめたいといったご相談はとても多いです。

薬ではなく、日常の生活のなかでコントロール出来るといいですね。

血圧は年齢+90 と 安保徹先生も言われています。

数値だけに振り回されず、自分の体の声を聴くこともとても大切です。

私の愛用品はこちらから

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す