低下したリンパ球を睡眠で増やす

リンパ球が集まっている組織が免疫組織になります。

この免疫組織は、リンパ腺や腸などウイルスや細菌が侵入しやすい場所に存在しています。

例えば、子宮

子宮もウイルスや細菌が侵入しやすく、リンパ球がたくさん集まる免疫組織のひとつです。

だから、リンパ球はとても大切な存在です。

カンジタ症になるのは、まさにリンパ球の減少からですね。

つまり免疫の低下です。

リンパ球を増やすには、早寝早起きを心がけることです。

夜遅くまで起きていると交感神経が働き、顆粒球が10%増加します。

顆粒球が10%増加すると、リンパ球が10%減少します。

リンパ球は免疫の中心となる細胞

リンパ球の減少は、NK細胞の働きも低下させてしまいます。

がんの人は、リンパ球が減少しています。

NK細胞の働きは、ガンなおしにとってとても大きな役割をしています。

リンパ球を増やすには、早寝と質の良い睡眠が必要

睡眠時は部屋は暗くし、照明は足元などに間接照明を使い、直接、頭部に光が当たらないよう工夫することをおススメします。

夜は休息、リラックスの時間です。

22時~3時の間は、しっかりと心も体も休ませ癒してください。

しかし、休ませ過ぎはリンパ球が過剰になり、これも癌やアレルギーの原因になります。

メリハリのある生活を送ることで免疫を高めるリンパ球は保たれます。

バランスのとれた栄養で体を温め、明るく前向きな心が、がん治しの秘訣です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す