がん治療の選択・自分で決める

がんを告知された人、またその家族

混乱が起きます。

なぜなら、がんで死ぬかもしれないという恐怖心が出てくるからです。

転移を最も恐れ、一刻も早くと治療を急いでしまいます。

昨日まで健康な人と変わらぬ生活をしてきたのに、がんが見つかった途端、恐怖心や不安から病人になってしまいます。

そうなると病院任せになってしまうのです。

つい数日前まで元気だった人が手術や抗がん剤治療をしたことで、一気に弱り生気を失ってしまうことも少なくないですね。

そして病院に言われるまま治療をしたら、あっという間に転移をして、さらには体力も激減し、心身ともに弱り切ってしまった・・・と泣きながら相談される方も多くいらっしゃいます。

病院に押し付けられた、断れなかった、あまりにも急で言われるがままだった・・・とあとになって後悔をされる・・・

悔しくつらい気持ちはよくわかります。

しかし、自分が選んだ結果です。

たとえ悪い結果が出ていても、自分で充分考え、納得して選択したことであるなら、ここまで気持ちが乱れることはないでしょう・・・

がんという病で、自分自身の気持ちを支えていくには、すべてを自分で決めることが大切です。

手術、抗がん剤、放射線といった三大療法を選択するのか、しないのか

ここがまず分かれ道となります。

しかし、実際は選択どころか、がんを治す方法は病院での三大療法しかないと思っている人がほとんどです。

ある日、突然がんが見つかり、何も方法を知らなければ、あれよあれよのうちに治療が開始されます。

恐怖と不安で、冷静に考えることが出来なくなってしまうのです。

恐怖や不安からくる焦りに惑わされず、冷静に選択するには、がんを他人ごとと考えず、がんの仕組みや治療の選択を勉強し、家族と話しておくことは大切ですね。

そして、恐怖や不安があるからこそ、立ち止まってみることが大事であると、いち早く気付いて頂きたいと思います。

がんを治せるのは、自分だけです。

私の愛用品はこちら

https://www.qualitypro.jp/health-food/

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す