高い波動の食べ物・低い波動の食べ物

病気の回復、予防が出来る食事とは

プラントベース(植物性中心)で構成されたホールフード(未精製・未加工)の食事です。

どんどん欧米食が入ってきた今

40歳以上の日本人、3人に1人が予備軍も含め糖尿病と言われています。

そして、最も高タンパクの食事をしている子ども達が肝臓癌のリスクが高いと・・・

肉、卵、乳製品(バター、チーズ、牛乳)といった動物性の食事は、癌をはじめとしたさまざまな病気のリスクを伴うことはご存知の方も多いでしょう。

しかし、精製された食品が癌細胞を増殖させる可能性があることは意外にも知らない人が多いのです。

精製されたお米、精製された小麦・・・

不自然な食べ物より、自然なものを頂くことが病気回復への最も近道になるのです。

自然界のものには高い波動があります。

高い波動のものを体にとりいると、負のものは逃げようとします。

つまり、波動を上げることで、病気を寄せつけない体になるのです。

毎日の食事に加え、私が波動の高い生きた健康食品を選択したのはこのことからです。

私の愛用品はこちらから

もちろんどんなに波動の高いものであっても、扱う本人の発する波動が悪ければ、低くなっていきます。

高い波動のものを摂り、氣を上げて、病気を寄せつけない体づくりをしていきたいですね。

私と同じように飲まれている方からも、とても波動が高いと喜ばれています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す