入浴タイムは細胞が喜ぶ

毎日のお風呂タイムは、ガンなおしの貴重な時間です。

暑いから、シャワーで済ませている

そんなことはありませんか?

お風呂にに入ると、、気持ちが良くて、ホッとする感覚になりますね。

この瞬間、副交感神経に働きかけています。

そして、お風呂の温かさによって血管が広がり、血流が良くなります。

血流が良くなると、酸素と栄養の運びもスムーズになり、内臓の動きが活発になります。

腎臓、肝臓、腸の動きが活発になると、老廃物の排出が促されます。

つまり、心身共に癒される時間なのです。

体温が36℃未満の人は、40℃前後

体温が37℃近い人は、41℃前後

体は、今のままの体温をキープしようとするので、汗など、老廃物が出るまでに少しの時間が必要です。

リラックスして、じっくりと入浴することをおススメします。

この時間くらいは、ガンであることを忘れ、無になってみるのも良いでしょう。

私は、時々、いつもより少し熱めのお湯に入ります。(毎日だと細胞が慣れてしまうので)

これは、熱ストレスで細胞を修復させたり、悪い細胞のアポトーシス(細胞死)に働きかけてくれるからです。

少し熱めのお湯で入浴すると、舌下体温が38℃を超えています。

体調に合わせながら、無理がないように入浴するといいですね。

大事なことは、考えない、悩まない

リラックスです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す