がん治しに必須の栄養・腸内環境できまる

がん治しにビタミンは必須です。

しかし、現代の食品事情では、日々の食事だけでは、がん治しに必要なビタミンが摂取出来ないのが現状です。

そこで、みなさん何かしらの健康食品やサプリメントを摂られています。

自然治癒力によって、がんを自然退縮させた方の共通点でもあります。

ビタミンにはそれぞれの作用があります。

ビタミンが欠乏すれば、それぞれの作用に対した障害がおこるということです。

だから、健康であるためには、これらのビタミンの十分な補給が必要になります。

しかし、腸内環境が整っていなければ、どんなに必要なビタミンを補給しても残念ながら上手く作用出来ないのです。

実は、健康な人の体内でビタミンが適度な状態になってるのは、腸内細菌のおかげなのです。

体温がしっかりとある健康な人の腸内細菌は、栄養成分の吸収を必要に応じて促進したり、抑制したりしてコントロールしています。

つまり栄養は、バランスの良い摂取だけでなく、腸内細菌の状態によっても変わってきます。

腸内環境が良ければ、補給したビタミンの作用は表れ、腸内環境が悪ければ、ビタミンの作用は抑制されます。

腸内環境を壊しやすい食品は、肉、卵、乳製品などの動物性食品、そして砂糖です。

特にスイーツ、パン、そしてチーズ、牛乳、バターを使う洋食好きな女性は、腸内環境が壊れやすくなります。

必要な栄養素をバランスよく健康食品などで摂ることも大切ですが、よりよく活用させるために、同時に腸内環境を整えていくことをおススメします。

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す