子宮頚がん予防は、ワクチンより免疫を上げること

20代、30代といった若い人の子宮頸癌が増えています。

これからもっと増えると予測されます。

子宮頸がんとは、子宮の出口付近の子宮頸部にできる癌ですが、ヒトパピローマウイルス(HPV)により発病すると言われてきました。

これによって子宮頸癌ワクチンが世に登場してきました。

本当にワクチンで子宮頸癌が防げるのでしょうか・・・

HPVの種類は200種類にもおよび、そのなかでも発がん性があるのが十数種類

ワクチンでの予防は、16型と18型のみです。

この子宮頸癌ワクチンは蛾の細胞の遺伝子を組み換えて使われていることは有名な話ですが、脳の細胞を壊すというマウス実験報告もされています。

子宮頸癌ワクチンの副作用は、他のワクチンの数十倍にもなっています。

ジャーナリストのマイクアダムスの告発では、子宮頸がん発生リスクは44.6%も増加させるとか・・・

事実、根拠に関してはわかりませんが、薬剤を体に入れるわけですから決して体に良くないことはわかります。

ワクチンは、化学物質ですから当然、多くの発がん物質を含んでいます。

多くのワクチンには『チメロサール』という水銀の一種が含まれ非常に危険であり、特に子ども達に与える影響は深刻です。

薬剤を入れたことによって血液は汚れ、発ガンをしたのでは何の意味もないのです。

がんを防ぐのはワクチンではなく、自分自身の免疫です。

がんを防ぐのも、がんを治すのも免疫力です。

HPVは感染しても、実はほとんどが自然に消失します。

良い栄養をとり、体を温め、免疫を上げる

子宮は、袋状の臓器であり冷えやすい場所です。

そして、膣は経皮毒をとても吸収しやすい場所

毎日使うおりものシートや生理用品は無添加素材のものを選んで使うことをおススメします。

子宮の冷えは下半身の冷えです。

下半身が冷えると解毒機能も低下し、子宮がん、卵巣がんを始めとしたさまざまな病気を誘発させてしまいます。

薬だけに頼らず、良い栄養を摂り、体を温め、前向きな心で免疫を上げていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す