自分の愚かさに気付くことが、がん治し

自分の無知に気付けるか、気付けないか

自らの無知を自覚することは、真実を知る最初の一歩です。

私もガンになる前は無知だったと思います。

自分のなかの常識を疑うこともなかったですね。

しかし、自分がガンになったとき、少し冷静に周りのガンの人達を見てみると、初期だから大丈夫、と言われた人が放射線治療後、転移していたり、抗ガン剤投与後、感染症を起こし亡くなってしまったり、ガンが見つかるまでは普通に元気に仕事をしていた人が手術後、急に弱り亡くなったり・・・

なんでだろう・・・という疑問のなか、私もこのまま人任せでは死んでいくのかもしれないと思い恐怖に震えました。

そこで私はプロポリスを必死で飲みはじめ、自分でなおす意識を持ち、自然療法を学びました。

ガンになれば抗ガン剤、放射線、手術が当たり前と思っていましたから、自然療法の世界は最初は驚きましたが、生命の根源を知れば、納得できることばかりでした。

そして、化学療法の怖さも知りました。

なぜ再発転移するのか、なぜ亡くなるのか、これも納得出来ました。

無知であることに気付かないままであれば、今の私はなかったでしょう。

真実を知ったあと自然療法のなかにも様々な療法があり、何が正しいのかわからず不安を感じた時もありました。

実際に、菜食でなおした人、肉を食べた方が体調が良い人、玄米でなおした人、玄米で体調が悪くなった人・・・さまざまです。

ですから、どれが正解というものはないですね。

一般的にはそうであっても、体はみんな違いますから、常識も変わってきます。

自然療法をやっていくうちに自分の体の声が聴こえてくるようになるのです。

体が喜ぶことをするだけです。

多くのガンの方を見てきて共通することは、良くならない人は、体を痛めつけることをしてしまっています。

無知であることは非常に怖ろしいと感じますね。

自分の生命、家族の生命を守るためには、まずは常識を疑ってみることです。

ガンなおしは、新たな価値観の構築から始まります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す