幸せと健康の根底には感謝がある

心の病からやっと抜け出せた・・・と思ったらガンになりました。

そんな相談をよく受けます。

鬱のときは、死にたい・・・とずっと思っていたのに、ガンになると死にたくないと思うようになる

不思議なものですね・・・

そして、死にたいという今までの思考が、現実となっていくことに恐怖を感じます。

余命宣告を受け、出来る治療は何もないと言われると、心が折れそうになります。

しかし、気付きも与えられてます。

ガンになり、自分の思考が現実をつくっていっていることを思い知らされます。

生き方がガンをつくったこと、ガンの原因となる心の病も・・・

実はすべて、自分自身の生き方であったことに気付かされます。

ガンにならなければ、心の病も人のせい、環境のせいにしたままだったかもしれません。

この気付きに感謝して、生き方を見直された方

今では、別人のように生き生きとされています。

そして、ガンは転移することもなく徐々に小さくなっています。

すべては、感謝

感謝が足りなければ、不平不満が出てきます。

幸せや健康の根底には、感謝をする心があります。

どんな状況においても、まずは受け入れ、感謝すること

この状況をつくっているのも、すべて自分自身であり、否定することは自分を否定することになります。

幸せな人生、健康な生き方は、すべてを受け入れることから始まります。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す