言葉が免疫機能に与える影響・NK細胞

がん治しは、身体以上に心の葛藤が起きます。

急に不安に襲われたり、孤独を感じたり・・・

ときには恐怖に押しつぶされそうになるときもあるでしょう。

何もしなければ、不安が起きるのは当然です。

心の持ち方、ものごとの捉え方を変えることも、がん自然療法のひとつです。

不平不満・愚痴・悲しみ・恨み・不安は、負の言葉であり、その現実を引き寄せてしまいます。

不平不満・愚痴・悲しみ・恨み、不安な心は、交感神経を優位にさせてしまい、リンパ球が減少してガン細胞をパトロールしてれているNK細胞の動きが抑制されてしまいます。

癌を治すには、副交感神経を優位にさせてリンパ球を増やす必要があります。

私はがんになり不安で崩れそうになったとき、『ありがとう』 を念仏のように言い続けました。

なぜなら 『ありがとう』と『感謝』 は、ポジティブな感情のなかの最高峰だからです。

自分の体、環境に 『ありがとう』 の言葉が言えるとといいですね。

『ありがとう』や『感謝』 の言葉を発すると心が穏やかになり、これが副交感神経へ働きかけているのです。

それによって免疫機能が働き、NK細胞が活性化するのです。

自分が発した言葉が自分にストレスを与えていること

言葉には目に見えない力が宿っています。

朝起きて発した言葉が今日の1日をつくります。

自分が発した言葉が免疫機能にも影響を与えていることに気付いてくださいね。

そして栄養の偏り、栄養不足も負の心をつくります。

愚痴や不安など、負の言葉や思考は、自分の潜在意識のなかにコピーされ、それがいつしか変えようのない現実となっていきます。

プラスの言葉は心地よく自然と前向きな思考が、潜在意識に到達していきます。

不安になったら、愚痴や泣き言をいうのではなく、『ありがとうございます』 と生きて居ることにただただ感謝してみてはどうでしょうか・・・

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す