がん治療に常識は無い・自分に合った療法

卵巣がんの方が、転移を聞いたとき目の前は真っ暗になったそうです。

つらい治療をしてきたのに再発をし、2ヶ月の間に転移までしたのか知りたい

このままの治療を受けていて本当に良いのか・・・

切実に感じたと言われました。

今まで疑ったこともなく医者を信用しきっていただけに、裏切られ悔しく思ったそうです。

疑問を感じることは大切なことと思います。

人任せにしないためにも、常識を疑ってみることが必要なのです。

ガンなると、抗ガン剤、放射線、手術が常識の日本

しかし、日本のガン患者はどんどん増えています。

死亡者数も増えています。

そして、他人を恨むのは間違いですよ、と彼女に伝えました。

その治療法を選んだのは自分、その医師に任せたのも自分です。

すべては、自分の責任なのです。

だから、がん治しは人任せではなく自分で治していくしかないのです。

アメリカでは、癌は減少傾向にあり、死亡率も下がっています。

アメリカと日本の一番の違い

それは、アメリカは代替療法先進国だということです。

代替療法とは西洋医学以外の、医学・医療の総称

鍼灸・気功・ホメオパシー・食養生・健康食品など・・・

病気の原因を探り、免疫力を高め自然治癒力を最大限に活かす根治療法です。

アメリカでは、健康食品の必要性も積極的に説いています。

私も健康食品で救われたひとりです。

私の愛用品はこちらから

『抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年しか生きていないが 治療を拒否した人は平均12年6ヶ月も生きた』

このアメリカの「ハーディン・ジェームス博士」のエピソードは有名ですね。

三大療法が常識となっている日本人にとって、治療をしないことは非常識かもしれません。

『治療しない=何もしない』 ということではなく、世間の常識に当てはめないということです。

性格、環境、細胞、体質はみんな違います。

自分に似合った療法を見つけ出すことが大切です。

自分の体の声をしっかりと聞いて、自分の常識で総合的に取り組む

病院で手の施しようがないと言われた末期癌の方が、代替療法で元気を取り戻すことは珍しくありません。

苦しい体験をきっかけに、思索の積み重ねによって、独自の新しい価値観が構築されます。

その人が抱く価値観は、具体的な行動となり、新たな生活、新たな生き方となっていきます。

がん治しは、生き方の見直しです。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す