朝食は必要ない?パン派?御飯派?

朝食は摂りますか?

それとも朝食は抜きますか?

ひと昔前、食事の回数は一日2回が一般的だったそうです。

それがいつしか1日3食へと変化しました。

この朝食の習慣をつくったのは、エジソン

エジソンが、自分の開発したトースターの需要を世界に拡大する為に始まったことだと言われています。

これによってパンやハム、ウインナーなどの加工肉を食べる機会が増えました。

それだけでなく、必要ないものを摂る、いわゆる食べ過ぎの状態になっています。

特に女性は、朝食にパンを摂る人が多いようです。

スーパーで売られているパンは、気軽に買えて傷む心配も少なく朝食だけでなく、おやつにもよく食べられるようになりました。

このパンには、実は多くの添加物が入っており、今では毒と言われたりもしています。

朝食にパンを食べる女性は、乳ガンの発症率が高くなっています。

このように日本人の健康を脅かしているのも事実です。

朝食でパンを食べ、給食でパン、夜にもピザやパスタ

私も大好きで、以前は3食ともパンを食べていた頃があります。

パンの消費量が増え、今おもえば日本人でありながら、お米の消費量がどんどん減っているのは寂しくも感じますね。

戦後間もない頃、日本の食糧事情はアメリカからの食料支援でパンが与えられたことが始まりで、それが今でも続いているようです。

日本の伝統食であるお米は排除されていっているように感じ、せっかくよい食材があるのに残念ですね。

日本のスーパー・コンビニで市販されているパンには、海外で禁止されているような危険な添加物が使われています。

特に臭素酸カリウムは危険な物質で、食品添加物の専門家会議では小麦粉処理剤として、臭素酸カリウムの使用は容認できないことが発表されています。

このような危険な食品添加物によって、アトピーやがんなどの病気が増えてきました。

パンは嗜好品であって、主食ではないのです。

癌の人には、小麦、バター、卵、砂糖など使ったパンは残念ながら控えたい食べ物です。

健康な人も、パンは嗜好品と考え、ケーキを頂く感覚で・・・

あなたの町の信用できるパン屋さんで買われることをおススメしますね!

しっかりとした心と体づくりには、栄養素を結合させることです

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す