自分で治す意識・自然治癒力を高める

日本は、がんの発症率、死亡率が増加傾向にあります。

がんに限らず、糖尿病のなど何らかの病気を抱え、病院に通っている人が非常に多くなっています。

結果、日本の健康保険状態は破綻に追い込まれています。

今後、日本もアメリカ並に医療費が高くなる日がくるのは近い将来でしょう。

TPPによっても大きく変わってきます。

日本での薬価は、厚労省によって公定価格が決まっています。

しかし、アメリカでは製薬会社が価格を自由に設定しています。

TPPが締結され、医療費や薬価が高騰すれば、国民の負担額が大きく変わっていくことは予測されます。

風邪をひいても気軽に病院に行けなくなるのです。

となると、自分の体は自分で守っていくしかない

自分の体は自分で守ることは当たり前のことなのですが、日本人は病気は病院で見つけ、病院で治してもらうという考えの人がほとんどです。

治らなければ、違う薬

病名がわからなければ、自律神経失調症で薬

調子が悪くなる原因を放置したまま、良くなるわけがないのです。

それでも疑うことなく過ごしています。

それでは、いざ医療費破綻が起きたとき、困ってしまいます。

がんを始めとした病気は、自分で治す・病院はサポート役という意識を持つだけでも、自分の生活も、また世の中も変わってくるのではないでしょうか・・・

バランスのとれた栄養と、体を温め、明るく前向きな心で、自分の自然治癒力を高める生き方をすることが大切です。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す