眠っている自己治癒力を起こす・がん治し

【癌を治すには、原点に戻ってみる】

私たちは知らず知らずのうちに洗脳され、不自然な生き方をしているのです。

その結果、病気をつくってしまっています。

風邪をひけば病院で薬をもらう

体調がすぐれなければ点滴を受ける

病気が見つかれば手術などの治療をする

こうやって自己治癒力を落としてきました。

私もこれが当たり前だと思っていたひとりです。

しかし、自己治癒力で癌を治した人がいると知ったとき、はたと気付かされました。

自己治癒力がありながらも、生かしていないのは私たち人間とペットとして飼われている動物だけ?

そんな風に思いました。

野生の動物は、不調が起きても病院に行かず自己治癒力で治します。

そもそも野生動物はがんがない

●食べ物は自然のままで添加物を摂らない

●シャンプーなどの経費毒に触れない

●食べ過ぎない、飲み過ぎない

●調子が悪ければ、食べない、動かない

まさにこれらが癌をつくらない生き方ですね。

私たち人間は、ほぼ真逆な生き方をしているように思います。

しかし、昔の人は違いましたね。

野生動物に近い生き方をしていたのです。

だから、癌という病気もなかった

癌は、経済の発展、環境の変化、利便性によって増えた病気ですね。

癌を治すには、原点に戻ってみるということです。

野生動物を見習い、眠っている自己治癒力を起こす

生命エネルギーを高め、がん治しに自然治癒力を最大限活用して頂きたいとせつに願っております。

がんを治す生き方・・・

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りいたします

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す