弱アルカリ性の食事でがんを抑制

がん細胞は、体が酸性の環境で成長をします。

体をアルカリ性に近づけると癌が遠ざかります。

つまり癌は、酸性を好み、アルカリ性を嫌うのです。

弱アルカリ性を維持する食事をすることが、がん治しの秘訣です。

玄米菜食が適していると言われています。

動物性の食品は避けることで、体内のpHを弱アルカリ性に保ち、まずはがん細胞の成長を抑えていくこと

また、果物は弱アルカリ性を維持できる食べものですが、糖を多く含むので注意が必要ですね。

この状態が続くと、がん細胞の成長が阻害されるだけでなく、周りの細胞が元気になり、がん細胞はますます生きづらくなります。

完璧な食事は出来ないにしても、栄養補助食品などを用いて摂った栄養素を結合させ、酸性度を弱めていくことは可能です。

私の愛用品はこちらから

体内をアルカリ性に傾けると、酸素もより多く保持することが出来ます。

がん細胞は、酸素が豊富な環境を嫌います。

また体内のアルカリ度が高いと、老廃物などの排出もスムーズになります。

弱アルカリ性の食事で、がん細胞が住みにくい環境をつくることが重要ですね。

とくに生野菜は、ビタミン、ミネラル、酵素などの面でも優れているので積極的に摂っていきましょう。

毎日の食事の栄養を、効率よく生かすために総合的健康食品での補助をおススメします。

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す