多少高くても安心安全な無農薬野菜を・・

ある農薬が普及したころから、赤とんぼを見かけなくなった・・・など聞いたことがあります

ネオニコチノイド農薬は、ほとんどの野菜や果物、お米や、お茶などに使用されるようになりました。

そして、アリを全滅させるための家庭用農薬としても販売されています

ネオニコチノイドは、人が摂取すると、血液脳関門を通過し、中枢神経系や自律神経系、骨格筋に関連する多彩な症状を引き起こすとか・・・

神経毒性は、昆虫、人の神経系で重要な働きをもつアセチルコリンの正常な働きを攪乱させ、
指の震え、脈の異常、発熱、腹痛、頭痛、胸痛、嘔吐、不眠、また、短期の記憶障害も起こすそうです。

怖いことに、胎盤も通過するので、妊婦が摂取すれば胎児が影響を受けてしまうとの報告もあります。

農薬を使わなければ、何倍もの手間暇がかかり、その分 価格も上がってしまいます。

リスクを承知の上で安い価格重視の野菜を食べるのか、それとも多少費用がかかっても安全な野菜を食べたいのか・・・

消費者がどちらを選ぶかですね

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す