真剣な生き方が、がんの自然退縮 を導く・真の祈り

家族が癌になったらどうしますか?

大切な妻、大切な夫、大切な子どもの命を守るために最善を尽くすでしょう。

私の夫は、私が癌に倒れたとき、私の命を繋げることが自分の使命だと感じたそうです。

夫は、この使命を果たすためなら死んでもいいと思ったそうです。

今があるのは、あのとき命がけで守ってくれた家族の力です。

心から感謝しています。

不可能なことを可能にしてく、限界を突破していく

それは、まさに命がけなこと

人は壁にぶつかり、それでも限界に挑戦し続けたとき、祈りを体験します。

この真剣な生きざまは、誰もが神を意識せずにはいられなくなるでしょう。

そして、今ある命を与えてくださったご先祖様を・・・

人は窮地に追い込まれたとき、人間の力を超えたものに救いを求め、真の祈りをします。

そして、神との出逢いに導かれていくのです。

私は神から導かれ、出逢ったものが、大自然の恵みであるプロポリスでした。

プロポリスを飲んだ後、夫は毎日、毎日私のお腹に手を当ててくれました。

癌がある場所に手を当て、感謝するとともに神とご先祖様に祈り続けました。

そして、私の想いと夫の想いがひとつになったとき

好機を迎えたのです。

このとき私は、人間の尊い命は大自然、神にあらしめられていることを自覚せざるえなかったのです。

出逢いも導かれていくものです。

どんなに良い情報があっても、周波数が一致しなければキャッチできません。

癌を治すには、真剣に生きること

真剣に生きることで、自然治癒力から癌を自然退縮させる大自然の力が働くのです。

皆様の祈りが神に導かれることをせつに願っています。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す