電磁波の危険・がん細胞の増殖スピード

あるクライアントさんが、「子宮がんになった原因はIHクッキングヒーターだと思います」と言われました。

確かに否定は出来ないですね・・・

IHクッキングヒーターは30cm離れた場所でも70ミリガウス前後被曝をします。

料理をするときに近づくと、電磁波は強烈に強くなり、有害電磁波は1000ミリガウスにも及ぶとか・・・

電気器具から出る電磁波の安全基準は1ミリガウス

国立環境研究所の調べでは、4ミリガウス以上の電磁波のなかで生活している子どもは、脳腫瘍が10倍、白血病が4.7倍になっているそうですよ。

今や新築の半数以上の家が電気調理器が導入されていますね。

日本では当たり前の様ですが、電磁波を重要視しているアメリカの住宅では使われていない・・・

最も怖ろしいことは、強い電磁波を浴びれば、体内のがん細胞の増殖スピードが20倍を超えるともいわれています。

子宮がん、卵巣がん、大腸がんの方に聞いてみると、確かにIHクッキングヒーターをお使いになっていた方が断然多いですね。

私も昔はそうでしたから、細胞が酸化した結果、発癌したのでしょう。

がんの方・そうでない方でも昔ながらのガス調理器が安心ですね。

また、電気調理器を使う際は、出来るだけ離れて、必ず電磁波防止のエプロンなどをつけられること

癌細胞を増殖させないために!

がん治しはあきらめない・必ず治ると信じて

大自然の恵み・自然界の波動を生活に取り入れ乗り越えていきましょう。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す