想念でがんを克服する・自分を信じる

がんの告知を受けると、まずはどんな治療をしていくにかといった話になるでしょう。

治療計画が出ると、今度は恐怖心との葛藤になります。

がんは、命を奪う怖ろしい病だと、頭のなかに刻み込まれています。

なぜ自分なのか、いつまで生きられるのか、何がいけなかったのかと考えるでしょう。

しかし、今 意味があって、必要があって、起きている現象なのです。

がんは、何かしらの無理が体にかかって出来た病気です。

だから、がんを恨み嫌うのではなく、無理をかけた体を労わってあげることが大切です。

がん治しとは、体を本来あるべき姿に戻すこと

本来あるべき姿に戻せば、がんも必要なくなるのです。

がんがなぜ出来たのかを知れば、きっと自分自身の考えが変わってきます。

自分自身の考えが変われば、行動が変わってきます。

行動が変われば、出逢い人、出逢うもの、環境ががらりと変わってくるでしょう。

すると、プラス思考でがん治しに取り組めるようになるでしょう。

がん克服には、明るい前向きな、おおらかな心が必要です。

出来てしまった癌は治せばいいのだ、と思うことが大切です。

そして、治せる自信・治る自信を持つことが最も重要です。

自分を信じることが出来なければ、がんを治すことは出来ないのです。

人間は多くの能力を持っています。

その能力を体内に眠らさせたまま過ごすのは、あまりにも勿体ないと思いませんか?

○○を飲んで癌が治った、○○をして癌が消えたという人も、絶対に○○で癌が治る、と強く信じているから起きているのです。

その人の純粋な強い想念がプラシーボ効果によって、○○の効果を発揮して結果を出しているのです。

想念で癌を克服している人がいます。

言霊で癌を克服している人がいます。

私たちと同じ人間なのです。

私の体験をお伝えします。

大自然の恵み・自然界の波動をしっかりと受け取ることが出来れば、がんは治るのです。

自分の大切な人生のために
がん三大療法だけに頼らない生き方

年間相談数:約555件
過去のセミナー実績:90回

自らのがん経験や、がんをなおした人たちの生き方を綴った

女性社長 塚本みづほのひとりごとブログ

オフィシャルサイトはこちらから

http://www.qualitypro.jp

がんをなおした人の生き方への

ご質問・お問い合わせ
☎0849251271 
(広島県福山市)

(このブログは私個人の意見であり、また一般論です。指導、強制、診断をするものではございません。療法につきましてはご自身の責任でご判断下さい。)

投稿者: がん三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけに頼らない

癌が自然治癒した人、自然退縮した人、末期癌を克服した人はどんな生活をしてきたのか・・・ その共通点とは、自然治癒力を活性化する生き方です。 自然治癒力とは体を正常に保とうとする働きであり、人間が持ち備えている力です。 がん細胞を正常細胞に戻そうとする働きも自然治癒力なのです。 自然治癒力が上昇したとき、がんの退縮が始まったといわれます。 自然治癒力が上昇、強化される生き方とは・・・ ※このサイトは、がん体験者や研究者の情報をまとめたものであり、指導・診断をするものではございません。 療法等につきましては、ご自身の責任でご判断ください。

コメントを残す